生活道具店 歩らり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

四十沢工藝 菓子皿  

輪島の四十沢工藝さんの菓子皿
国産桂の木目の美しさをいかした菓子皿です。
みつろうとくるみ油で仕上げてあります。

まつ菓子皿 
まつ菓子皿2 
まつ菓子皿 972yen(16.5×10.0)
2うめ菓子皿 
うめ菓子皿 
うめ菓子皿 972yen(13.3×13.3)




2月4日(水)は展示会の為お休みいたします。
よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

category: 雑貨

tb: --   cm: --

みつろうキャンドル  


beebeecandleさんのみつろうキャンドルが届きました。
みつろう 

みつろう1 
ローズボール

みつろう3 
まつぼっくり

みつろう2 
バード

みつろう4 
おうち


優しくゆらぐ灯とほんのり甘い香りで癒しのひとときをどうぞ。






category: 雑貨

tb: --   cm: --

CINQの雑貨  



CINQの雑貨が入荷いたしました。

cinq.jpg 
cinq2.jpg 
cinq3.jpg 
Solwangディッシュクロス 864yen
デンマークの Solwang 社のディッシュクロスは、どこかなつかしい雰囲気を持つコットンニットのキッチンクロスです。ブランドオーナーのおばあちゃんが、実際に手づくりして使っていたものを再現したこのクロスは、デンマークでも人気の商品です。吸水性の良い厚手のコットンニットはお皿やコップを拭く布巾や、台拭き、時には手軽な鍋つかみとして、キッチンで活躍してくれます。色バリエーションが豊富なので、気分や用途に合わせて色選びができるのも楽しみのひとつです。


cinq9.jpg 
cinq4.jpg 
コーヒー缶 1,296yen
ティ缶 1,026yen


cinq8.jpg 
ストライプひも 432yen
北欧の雑貨店などで、備品として使われているのをよく見かける、スウェーデン製のストライプひもです。ヨーロッパらしいきれいな色糸と白糸を2本よった、コットンの双糸ひもです。糸の太さは約1.5ミリで、サンクのロゴがスタンプされた台紙に約10メートル巻いてあります。ちょっとしたプレゼントのラッピングに使ったり、編んだり縫い付けたりして手芸材料としてもお使いいただけます。色のバリエーションは赤、青、茶、黒の4色。


cinq5.jpg 
長財布 19,980yen
イタリアンレザーを使った長財布です。
アルプス地方で育った牛の原皮を、植物性タンニンで丁寧になめしてあります。シュリンク仕上げの表面には独特のしわがあり、細かいキズが目立ちません。昔ながらの方法でイタリアの職人さんが時間をかけて仕上げた素材なので、使い込むほど手になじみ、よい艶が出ます。ポケットが多いので収納力も抜群で、カードが12枚も入ります。
ブラックとダークブラウン二色の入荷です。


cinq6.jpg 
cinq7.jpg 










category: 雑貨

tb: --   cm: --

ババグーリの雑貨  

ババグーリの雑貨が入荷いたしました。

ババグーリはヨーガンレールが選びぬいた天然素材を用い職人の丁寧な手しごとで
生み出されたもの。

ヨーガンレール籠 
蓋つき 水草かご L 4320yen  M 4104yen   S 3780yen 

ヨーガンレール布 
2700yen(36×36) 5940yen(36×100)

ヨーガンレール布2 
綿を手紡ぎ、草木染めした糸を手織りした、風合いのあるてぬぐい。
使い込んでいくうちに風合いも良く馴染んでいきます。

ヨーガンレール布3 

ヨーガンレールカップ 
織部のカップ 4104yen

ヨーガンレールカップ2 
口当たりも良く、手になじみも良い形です。
とても美しい織部の緑色のカップ。

ヨーガンレール籠2 
水草のかご  3024yen


ヨーガンレール茶 
レモングラス茶  972yen
これからの時期はあたたかくしたレモングラス茶もおすすめです。
ひと息いれたいときやリラックスタイムにどうぞ。

ヨーガンレール オイル 
杏の種のオイル 2700yen
ヒマラヤの手摘み杏の種の核を搾油したオイル。
浸透性が高く、自然な潤いを保ちます。
髪や身体、全身にお使いいただけます。

杏の種のバーム 1620yen 
杏の種のオイルをベースにミツロウを加えたリップバーム。  







28日(日)まで『能登のモノ展』開催中です。
ぜひ、ご覧くださいませ。








 

category: 雑貨

tb: --   cm: --

Tiny work shop 奥野健一  

能登のモノ展に今回初めて参加していただくTiny work shopの奥野健一さんの工房へお邪魔してきました。 
  
1奥野健一  
自然に囲まれた工房と自宅のあいだにはファイヤーサークル。

奥野健一11 
初めに工房を拝見。
約2坪の工房内には整然と工具が並び、加工機械も必要なモノだけが置かれています。
省スペースで無駄な動きがなく作業できそうです。

奥野健一1314奥野健一 
そのなかでひときわ目をひいたのが西洋カンナ。
大小さまざまな形がありとても美しい形をしています。


次に向かいにある自宅に案内していただきました。
奥野健一10 
玄関。

奥野健一7
居住スペース。
自宅は約6坪。こちらも工房もすべてご自身で建築されていて、今現在も建設中だそう。




奥野健一9
制作中のオーバルボックス。

15奥野健一 
奥野健一6
珈琲ペーパーフィルターがぴったり。

奥野健一5 
座面はサドルの形にシェイプされ、体重を面で支えるようになっているこのウインザーチェアも奥野さんが制作したモノです。建物はもとより家具もすべて自作で、しかも独学で木工を始めたという奥野さん。もともとはアパレルショップ店長をされていた奥野さんですが、薪焚き人、作家、家具製作人である自然人 田淵義雄さんに強く影響を受けこの道に入られたそうです。
直接お見せできないのが残念ですが、建物を丸ごと展示したいくらい心地の良い空間でした。
石川では今回初めての展覧となります。
ぜひご覧下さい。




奥野健一4 






category: 雑貨

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。