生活道具店 歩らり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ご飯を頂くために  

使い手の側に立ち、日本の熟練の職人を通して、まっすぐなものづくりをしている東屋さんからいろいろ品物が届きました。



最初のご紹介は桐で拵えた米櫃です。
米櫃1 
高い防腐効果と防虫効果のある桐は古来よりさまざまな品々の保存箱として用いられてきました。繊維が多孔質であることから極めて軽く、調湿効果に秀でています。


米櫃3
気密性の良い引き戸です。


米櫃2
上部が蓋の様に外せるのでお米が入れやすく、お手入れがしやすくなっています。


米櫃4 
同じく桐で作られた一合用の升付きです。
 5キロ用  8,100円
10キロ用  9,936円



次は伊賀の山土を用いて、手で挽いた飯炊釜です。
飯炊鍋1
お米をおいしく炊くための最適な温度変化を釜自体が自然に行い、火加減の調整が必要ありません。肉厚の為熱容量が極めて高く、火を落とした後に必要な高温状態も充分に保ちます。手挽きだけがなし得る伊賀の山土だけの作りによって優れた通気性が確保され、蒸らしながら余分な水蒸気を適度に逃がします。電気ではなし得ない炊飯の極みを実現できます。


飯炊鍋2
五合 25,380円
三合 19,440円
二合 12,960円



最後のご紹介はお櫃です。
お櫃1
樹齢百年をこえる木曽さわらの貴重な柾目材だけを使っています。高い吸水性があり、炊きたてのご飯を入れると余分な水分を適度に吸いとりご飯本来の旨味と甘みを引き出し、香りをたたせて適度な歯ごたえに整えます。


お櫃2
五合 16,200円
三合 12,960円
二合   9,720円

以上の三品が主としてご飯の味を大きく左右することは間違いないでしょう。日本の主食であるご飯にまつわるもの、まずはじめにご紹介させていただきました。





東屋2
プロダクトデザイナー、古道具店店主等いくつもの顔を持つ猿山修氏がデザインしたカップとソーサーです。製造は小松市の岡田直人氏。小松市でとれる陶石が原料で、土物の器のように染みになることがないため特別なお手入れは必要ありません。またツメ焼きという技法により、底にも釉薬がのせてあるためテーブルなどにキズが付きにくくなっています。


東屋
珈琲カップ 4,320円
珈琲ソーサ 2,160円


他にも東屋さんから入荷したものがございますので、ぜひお手にとってご覧いただければと思います。




スポンサーサイト

category: 雑貨

tb: --   cm: --

硝子屋 PRATO PINO  


硝子屋PURATO  PINO 松野栄治さんの硝子がとどきました。



ガラスポット 
スプーン付きポット L 6264yen  S 5250yen

ポット 

水のうつわ 
みずのうつわ 1944yen~

ひさご 
ひさご箸置き 864yen

ひさご2 




月日工藝(金工)+gunung-life(服) 二人展 開催しております。
ぜひ、ご覧くださいませ。


category: 硝子

tb: --   cm: --

月日工藝(金工)+gunung-life  



本日から、歩らり二階で『月日工藝(金工)+gunung-life(服)』の展覧会がはじまりました。
30日まで開催しておりますので、ぜひ足をお運びいただけたらと思います。

展示会2
 

展示会8 

展示会7 
展示会 
6展示会 
展示会3 
展示会4





category: お知らせ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。